山添村観光ボランティアの会:むらづくり推進ニュースNO.28(2010年6月)


鉄道も、コンビニもない、何もない。そこがいい山添村

第4回奈良の都のルーツ探訪ツアー


晴天に恵まれた5月22日、「第4回奈良の都のルーツ探訪ツアー」が開かれ、18人が参加。

朝8時半に近鉄富雄駅を出発し、若葉の神野山へ。山添村観光ボランティアの会の4人のガイドの案内で、鍋倉渓からめえめえ牧場、神野山山頂、神野寺を散策しました。

「あっという間に過ぎてしまった、1日であったと思います。内容の濃い説明で、山添村の魅力を十分に感じることができました。ガイドの方々の温かい対応にも感謝します。」と奈良市の田中さん。「展望台からの眺め綺麗でした。もちつつじがおもちの様にモチモチしてるからだなんて触ってみて実感。


今回の一押しは、何といっても歴史民俗資料館。縄文土器がメインの筈が何故か旧校舎の勉強机が気になり・・・・無駄のない洗練された作りに感動。
今の小学校もこの様に勉強に集中出来る机を見習って欲しいですね。
いっぱい森林浴もでき楽しい一日でした。」と大阪から参加された浅田さんから感想が寄せよれました。


姫路医療生協のみなさんがツツジ満開の神野山へ


5月13日に、姫路医療生協のみなさ43人が、ツツジ満開の神野山を訪れました。
山添村が「こんなツツジの山里とは知らなかった。隠れたツツジの名所だ」と参加者。
「ガイドさんの丁寧な応対で気持ちよく散策ができた」など感想が寄せられました。


愛知県から職場の同僚と山菜狩り

愛知県のある百貨店に勤める職場の仲間が3人が山添村で山菜狩りをしました。
名阪国道が大渋滞し、予定時間より1時間遅れとなりましたが、岩屋や毛原で山菜狩りをしました。
参加者のうち2人はまったく山菜狩りの経験がなく、ガイドの奥谷さんの案内で、ワラビやウド、フキなどをとりました。
その後、奥谷さんの竹やぶでタケノコ掘り。「なかなか難しいね」といいながら数本を掘り上げました。
(茶畑を背景にハイ、チーズ)

山添村大好き…寄せられた感想より

この間山添村を訪れた観光客の方から、たくさんの感想が寄せられています。その一部を紹介します。
*******************************************
「鉄道もない、コンビにもないと言われたが、ホンマにコンビ二はなかった。信号は一箇所だった。本当にそんな山添村が大好きになった」
「昼の弁当、あれが735円って。本当?安くて美味しいのが抜群」
「茶畑が美しかった」

「神野山に横たわる巨石群は天然記念物。その値うちがある。知らなかったが、ここにきて見て知った巨岩には感嘆した」
「神野山の頂上からの景色は抜群だった。山の緑色が変化してきれいかった」
「行く先々のみなさんが親切でおっとりしておられるのに惚れ込んだ。住民との懇談の場もほしかった」
「花香房の山の幸は珍しいものもあり、安かった」
「山添村のような山里が好きなので、大満足しました」 「是非とも個人的に自動車で来てみたいと思った。家族と友人を連れて」



山添村(やまぞえむら)は、奈良県の北東部、三重県との県境に位置し、奈良盆地と伊賀盆地にはさまれた大和高原にあります。
1万2千年前の縄文時代草創期からの長い歴史と伝統が息づき、大和高原から流れる清らかな水、そして豊かな緑に恵まれています。
   
Copyright © 2008 山添村観光ボランティアの会 All Rights Reserved.